投稿

高2寮生日誌

■二月一日   気付けば二千二十一年が始まってから、早くも一ヶ月が経ち、今日から二月が始まった。三年生は今日が卒業式で、ほとんどの人が寮を去っていった。これからは最高学年として自覚を持って生活しなければならない。  話は少し脱線するが、僕は小学校一年生の頃から話を聞くことが苦手だった。特に始業式や終業式の時の校長先生の話は苦痛でしかなかった。しかし、こんな僕でも覚えている話がある。この話は決まって冬休み明けの始業式に話されたことで、小、中学校九年間、計五人の校長先生が必ず言っていたことだ。「一月は行く月、二月は逃げる月、三月は去る月」。このリズム感の良い言葉を九年間、たとえ校長先生が変わっても言われ続けた。これまで、こんな事は気にも掛けなかったが、最近になってこの言葉を思い出すようになった。ここで、冒頭に戻るが、つまり、年が明けてから時間が経つのが早いのは当然であるということだ。なるほど、年が明けて二週間後には共通テストがあり、その三週間後に卒業式で、二月末には二次試験があるということは、ちっとも時間を無駄にはできないのだ。来年は自分がこの生活をすることになる。どうせ、二千二十二年になってからも息のつく間もなく二次試験まで駆け抜けることが分かっているのなら、今年からその準備をするのが大事である。私の二千二十一年の抱負は、「優先順位をつける」なので、それを完璧にこなし、難しくなる勉強に喰らいついていこうと思う。 ■二月二日  このご時世、なかなか遊びに行くことができない。しかし、我慢の限界に達した僕はとうとう一人旅を始めてしまった。モチロン、コロナ対策は十二分にしました。    今回の(プチ)一人旅は、道南いさりび鉄道に乗ること。あくまでお試しとして、函館から七重浜まで乗ってみることにした。前日からの雪が止み、晴天の函館駅へ市電に乗って向かった。切符とコーヒーを手に改札をくぐり、二番ホームで僕を出迎えてくれたのは、一両のディーゼルカー。キハ40-1807だった。タラコ色と呼ばれる朱色が雪景色によく映える。乗り込んでみると意外にも人が多く、ほぼ満席だった。十三時四十九分、エンジンがうなりを上げ発車。ポイントの多い構内を抜けて加速したと思えば、もう五稜郭だ。四月に廃線になる日高本線向けの車両がいた。近いうちに解体だろう。悲しいものだ。高校生が四人程乗り、列車は函館本線

高校一年寮 寮生日誌(2月21日)

2月21日(日)  高二寮に移動して初めての寮生日誌です。高二の部屋はメンバーも変わり、部屋のブロックも変わったので、すごく変化を感じます。前までは朝日が入ってきたのですが、今の部屋は夕日が見え函館の街並みも見えます。あとは高入生をよく見かけるようになりました。同じフロアで生活しているので当たり前だと思うのですが、僕たちの学年は他の学年より、内進生と高入生の交流が少なかったのであまり仲が良くありませんし、お互いのことを知りません。これから色々な人のことを知って仲良くなっていきたいです。

高校一年寮 寮生日誌(2月17日)

2月17日(水)  今夜、来年生活する3階の部屋抽選がありました。部屋を選ぶ順番をくじで決め、1から順番に部屋を選んでいくのですが、なんと17番だったのです。(四人部屋の最後のグループ)部屋長から告げられた時、もう自分たちの考えていた部屋は選べないと思っていました。40分くらい待ち、ついに自分たちのグループが呼ばれました。恐る恐るK先生が持っていた紙を見ると、なんと自分たちが考えていた部屋が残っていたのです。ほっと胸をなでおろしていたのも束の間、早くも引越しの作業が始まりました。引越しの準備をあまりしなかった自分にとって今、とても大変です。とりあえず自分たちが考えていた部屋が最後まで残っていたことがとても嬉しく思います。  さて、学年末テストも2週間を切りました。冬休み明けから今の今まで最低限の勉強しかしていないのですが、学年を納めるテストだと考え、自分がやれる分の努力をしようと思います。その後、楽しい春休みが待っているので、この2週間はしっかりと勉強に励もうと思っています。

高校一年寮 寮生日誌(2月12日)

2月12日(金)  本日は二月十二日金曜日。特にこれと言って話すようなこともなく、ごく普通の一日だった。しいて言うなら「中間管理職トネガワ」というマンガの魅力に気付いたことだ。そんなことなので、今日は告知をしていきたいと思う。来る明後日、二月十四日はバレンタインデーなのであるが、こんな環境なのでそんなことはどうでもいい。ただの日曜日のようでそうでない。そう、部屋員のK君の誕生日である。部屋の中では一番遅く十六歳になるのである。なので、この寮生日誌を読んだ皆さんも心の中で「おめでとう」と言ってやってください。さらに同日十四日は我々高一担当の寮教諭K先生の誕生日でもある。年齢は先程聞いたがナイショだ。何にせよ、このK、Kコンビニは日頃感謝がある。クラスは一度も一緒になったことの無いK君と我々を担当して四年目のK先生。こんなに感動的になっているけど、そういえばまだ十二日なのだった。お二人には良い誕生日を迎えて欲しいものである。

高校一年寮 寮生日誌(2月11日)

2月11日(木)  二月の二週目。学年末テストまで残り一か月を切った。そして春休み。今年度の学校終了までちょうど残り一か月。入寮、入学してから約九か月。多くの成果と反省があったと思う。その多くは学習面だと思う。初めは寮生活に慣れずに義務自習も集中して取り組めていなく、テストの成績は良いものではなかった。その反省を生かし義務自習に臨む姿勢を見直したり、義務自習以外でも勉強する時間を作ったりと、積極的に学習に取り組むようになった。それに伴い成績も上がっていったのはとても嬉しかった。しかし、それでもやる気によって学習時間にむらがあったりなどし、モチベーションをうまく保てないことが多い。来年度は本格的に受験を考えていかなければならないので、しっかりと学習習慣を確立、定着させたい。また、今年度は寮のシステムをうまく活用できず、個人でも集団でも良くない方向ばかりに進んでいた気がする。これからは寮での生活を充実させ、能力向上に努めていきたい。

高校一年寮 寮生日誌(2月10日)

2月10日(水)  年間行事予定表を見てあと春休みまで何日かを数えてみると、今日も入れて29日だった。また、昨日で始業式のあった1月12日から終業式のある3月11日の半分の日数が経っていることになる。本当に時が経つのは速いなと思う。  自分は今早くここを卒業して大学生になって、もっと自由になりたいと思っている。しかし、よくよく考えると大学生になったからと言って自由になれるわけではなく、今よりももっと忙しくなるかもしれない。そう考えると、今みたいにただしなければいけないことを行う。同じようなことが繰り返される日々を生活するほうがましなのかもしれないとも思う。しかし、やっぱりそれではつまらないと思う。小学生のころは、ここの寮に入ったら楽しい生活が待っているのだろうなと思っていた。初めのうちはそうだったものの、しだいに慣れて行くにつれて、楽しくなくなっていった。今もそうかもしれない。大学生になり環境が変わったら楽しく生活できると思っているが、五年後自分は楽しめているのだろうか?楽しむということが良く分からなくなってきている自分がいる事に気付いた。

高校一年寮 寮生日誌(2月6日)

2月6日(土)  一週間ほど前ですが二月に入りました。私には二月の間気を付けておかなければならないことがあります。それは散財しないようにすることです。というのも、二月は学校の入試などによって休日が増え、普段の休日のようなお金の使い方をすると二月末には無一文になる恐れがあるからです。「せっかくの寮生日誌にそんなしょうもないことを書くのか」とおもわれるかもしれませんが、私にとっては重大な問題です。なぜなら、私には一月末の五日間だけで一万円をはたいた実績があるからです。いったい何に一万円も費やしたのでしょうか。正解は…。マンガです。私は「五等分の花嫁」というマンガが大好きなのですが、そのマンガがアニメ化され、そのオープニングソングが収録されたCDなどが三枚発売されることが決まり、ファンとしては全部予約するほかありませんでした。CD三枚で合計五千円が飛びました。そして、残りの五千円は一番くじです。一月三十日から「五等分の花嫁」のグッズの一番くじが発売されました。一番下の賞が下敷きで五種類あったので全て揃えることにしました。すると、まあ、何ということでしょう。財布から樋口さんが一人いなくなったではありませんか。このように、私は好きなものの為なら大出費を辞さない人なので、散財しないようにするには、私がどうこうするよりも、好きなものの商品が発売されなければいいと思います。